お灸のあとは残りませんか?

Q: お灸のあとは残りませんか?

A: 温灸を使用しますので、あとは残りません。

当センターで使用するお灸は、肌を直接焼かない「温灸」を使用しています。

お灸というと、「お灸を据える」というように、直接肌にのせて焼くイメージがありますが、焼け跡を残すのは今の時代にそぐわないと考えています。

効果が同じであれば、傷が残らない方が良いのではないでしょうか?

医療の手術でも傷口は小さくする傾向にありますし、やはり、鍼灸治療でも跡を残さないようにするのが良いと思います。

その方が、体への負担は少なく済みます。