ぎっくり腰にはアイシング?

ぎっくり腰の緊急の処置方法として、賛否両論あるのですが、やはりアイシングが無難だと思います。

足の捻挫などと同じように、炎症を起こしている可能性が高いからです。

ですから、アイシングで冷やして、炎症を抑えましょう。

そして、もちろん安静にしてください。

腰を軽く曲げた状態が楽な場合が多いので、横になり、腰を曲げ、膝もまげて引き寄せるようにして寝ましょう。

丸くなるように横寝する感じです。

この体勢が楽だと思います。

鍼灸治療では、この炎症を柔らげるツボなどを使いますので、こわばり感を軽減させることができるわけです。

ぎっくり腰は、腰の組織が傷ついた炎症疾患と捉えていただいて、その処理を考えると間違えることはないと思います。

---

BeneGroup

甲子園鍼灸治療センター

http://tradmed.net

西宮市甲子園砂田町6-10

0798-49-3367