めまいは日常を変えてしまいます。

西宮 鍼灸院 甲子園鍼灸治療センターです。

めまいで日常は変わってしまう

めまいは、体がバランスをとるための平衡感覚に異常が発生し起こります。

めまいというと、なんだか一時的な症状のように聞こえます。

めまいを経験したことのない人は、

「疲れているんじゃない?」

と簡単に声をかけてしまいます。

ですが、実はめまいの症状を抱えている患者さんは、いつもめまいの恐怖とたたかっていることも多いのです。

一時的なめまいとはいえ、何度もめまいが起これば、それは継続していることと同じなのです。

ある日、突然やってくるめまい

めまいという症状は、ある日突然にやってきます。

急に平衡感覚を失い、動けなくなってしまいうのです。

この経験をしてしまうと、また、めまいが起こるのではないかという恐怖で、人に会えなくなったり、自転車に乗れなくなったりしてしまいます。

普通の生活ができなくなってしまうのです。

いつめまいが来るかわからず、大きな動きができなくなってしまいます。

こういっためまいの症状で、仕事に支障を来たす人は少なくありません。

人と接する仕事は、もちろん嫌になってしまいます。

また、ものを抱えて運ぶなども、怖くてもてなくなってしまうこともあります。

ひどい症状のときは、一日動けなくなることもあるんです。

このようなことが頻繁に起こるようでは、日常生活はとても辛いものになってしまいます。

 

めまいの対処法はいろいろとあります。

突然にやってくるめまいも、よくよく観察すると、症状が現れる時間帯がしぼれたりします。

それがわかれば、その時間帯を特に注意すれば良いという事になります。

そして、めまいが起こる前にいつも同じ何かを行なっている、という発見も時折見つかることがあります。

時間帯や原因をある程度見出すことができれば、めまいに対する恐怖感はかなり軽減できます。

めまいが起こったら

めまいが起こったら、とにかく安静です。

原因によりますので、専門医の意見を重視してください。

ですが、原因不明の場合は、無理はしないことです。

とにかく横になり、安静にします。

そして、

”仰向けに寝た状態で、首を左右にゆっくりと動かしてみる”

ということから行なってみましょう。

ゆっくり動かすというのは、左右でそれぞれ数秒止める、というぐらいゆっくりに動かしましょう。

こうすることで、通常よりも早く回復することがあります。

首が緩みますし、結構も良くなります。

平衡感覚をつかさどる三半規管内が動き、問題が解決することもあります。

でも、無理はしないでください。

動かすことで、めまいが増すようなら、すぐに動かすのはやめましょう。

東洋医学では、頭部の水が悪い

東洋医学でも、めまいには様々な原因が考えられます。

でも、最近多いのは、頭部の水分代謝に問題が診られることが多いように思います。

ですから、水を飲みすぎると、めまいの症状が悪化する患者さんがいらっしゃいます。

水をたくさん飲むことで、水分代謝力が上がって、それを原因とするめまいが改善するということもあるようです。

ですが、逆に水というストレスがまして、めまいが悪化することもあります。

このあたりが、対処の難しいところですね。

鍼灸治療では、やはり、三半規管に働きかけるため、耳周りの血流を改善するツボを使います。

また、代謝力を上げる治療も同時に行ないます。

三里穴や陰陵泉穴など、胃腸が水分をうまくコントロールして、余分な水分などが体に残らないようにします。

もし、ご自分で、水分代謝力に原因があると感じられたら、冷たい水をひかえるなどを行なってください。

それで、めまいが改善するならば、やはり、水が原因なのかもしれませんね。

 

---

BeneGroup

西宮市の鍼灸院 甲子園鍼灸治療センター

http://tradmed.net