使い捨てカイロで上手に寒さ対策。

西宮 鍼灸院 甲子園鍼灸治療センターです。

春はもう目の前、雨水(うすい)の日まで汗は控えめに。

もうすぐ立春。

暦の上では、春に突入します。

2月中旬の『雨水』と書いて『うすい』と読みますが、この日になれば、汗をかいてもカゼを引きにくくなるといわれています。

雨水ですから、雪解けということなんでしょうか。

でも、それまでは、もう少しの辛抱です。

春を体感できる日はもう目の前。

とは言え・・・、

春になろうとも、寒い日が続いたりします。

そんなときは、上手に自分の体を温めてあげたいものですね。

ということで、今回は、使い捨てカイロを使ってツボを温める効果的な冷え性対策です。

カイロで温まるツボを刺激

さて、体で冷えやすい場所はどこでしょう?

患者さんの症状によって、冷える場所は様々です。

でも、大まかに言いますと、

・ 手

・ 肩

・ 足

・ お腹

・ 腰

 

といった場所に分かれます。

顔や胸が冷えるという方はほとんどいないですね。

ということで、カイロをうまく使ってそれぞれの冷えを治療してみましょう。

でも、低温火傷には注意してください。

火傷してしまうと、体はそこを冷やす動きをはじめます。

水ぶくれなどがそれにあたります。

過ぎたるは及ばざるが如し。

とにかく、火傷しないように温めないでくださいね。

上半身の冷えで使うツボ

『手の冷え』には、肩を温めると効果的です。

『肩の冷え』『手の冷え』は、ワンセットで考えてください。

カイロを貼る場所は、左右肩甲骨の間、背骨の上です。

縦に張りましょう。

肩甲骨上縁より少し上にはみ出すぐらいで貼りましょう。

ツボの名前でいうと、背骨上の『身中穴』や背骨横の『風門穴』『肺ゆ穴』あたりを温めることになります。

下半身の冷えに使うツボ

『足の冷え』には、足首を温めると即効性があります。

足首の外側や内側に貼りましょう。

ツボとしては、内側は『三陰交穴』、外側は『陽輔穴』を目指してカイロを貼ると良いです。

『腰の冷え』には、おすすめなのが、仙骨上にカイロを貼ることです。

ここを温めると、足まで温かくなります。

ツボでいいますと、『上りょう穴』『次りょう穴』『中りょう穴』『下りょう穴』、これが左右に並んでいますので、八つ合わせて『八りょう穴』と呼ばれるツボ群になります。

その他には、腰にある『腎ゆ穴』、その間にある背骨上の『命門穴』を温めるのもおすすめです。

いっそ両方温めると、効果倍増ですね。

『お腹の冷え』には、2種類あります。

おへそより上か下かということです。

おへそより上なら、ツボとしては『中かん穴』を使いましょう。

胃の治療に良く使われるツボです。

おへそより下の冷えなら、『関元穴』というツボを温めましょう。

このツボを温めると腰まで温かさが広がりますよ。

カイロ以外で温める方法

カイロは、火傷するおそれがあります。

それは、加温するからですね。

火傷をしない温め方に保温するいう方法もあります。

保温の方法では、ツボの上にタオルを当てるという方法がおすすめです。

小さなハンドタオルを使うと邪魔にならなくて良いです。

その際は、肌に直接当てておくと、汗をかいたときに汗を吸い取ってくれるので便利ですよ。

まだまだ、寒い日はやってきます。

寒さ対策をしっかりと行って、春を待ちましょう。