カゼの季節、ノドの痛みに蜂蜜大根。

– 風邪ののどの痛み対策です –

寒い冬になると、風邪のウイルスとの戦いは避けられません。

風邪の前後に残る咽喉の炎症で、ノド痛などがどうしても長引きがちです。

そんなときは、炎症を抑えて、少しでも体の負担を軽減してあげることが大切。

のどの痛みを軽減するためあめ等がいろいろと売られています。

でも、ここでおすすめするのが、「ダイコンハチミツ(大根蜂蜜)」です。

大根を蜂蜜に漬け込んだものです。

<作り方>

準備するものは、大根と蜂蜜だけ。

<作り方>

1、大根の皮をむいて、小さく角切りにします。

2、切った大根を蜂蜜に漬け込みます。

3、2日から3日間漬け込みます。

4、大根のエキスが滲み出したハチミツをお湯で溶いて飲みます。

ノドから胸の辺りが温かくなって、ホッとします。

そして、漬けた大根もこれがおいしい。

大根のからさが抜けて、甘いお漬物のようです。

伝統医療では、「白い野菜」というのは呼吸器に良いと言われています。

呼吸器系にやさしいものを食べて、そして、それに体を温めるものをプラスして食べれば、風邪対策として大変に有効ですね。

季節や合わせた健康な食事で、寒い冬を乗り切りましょう。