カゼ対策。

細菌にさらされながら病気にかからないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

これからの寒い季節、カゼは嫌ですよね。

東洋医学でも、カゼの予防法はいろいろあります。

でも、今回は、西洋医学ベースのお話^^

毎日何人もの患者と接しながら働く専門家たちに聞いた「風邪に負けないための7つの対策法+α」

http://www.lifehacker.jp/2011/11/111124immunitycold.html

1. 十分な睡眠をとる

十分に休息をとらなければ、体に負担がかかることは当たり前。

「睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の人に比べておよそ3倍、風邪にかかりやすかった」とのデータもあるそうです。

やはり、十分に睡眠をとることは必要ですね。

当たり前ですかね^^;

2. 頻繁に手を洗う

軍隊では一日5回の手洗いを励行することで、呼吸器疾患が45%減ったとのデータもあるそうです

ここで、うがいの必要性が言われないのは不思議ですね。

どうやら、口に入ったら、うがいしてももう手遅れ、との意見もあるようですね。

3. タバコとお酒は控える

タバコは免疫システムに大いにダメージを与えるそうです。

タバコは、鼻道を乾燥させる。

タバコは、鼻や肺の繊毛を麻痺さ せる。

お酒は、カラダを脱水させる。

などのマイナス要素を生むみたいです。

4. 熱い蒸気に触れる・運動する

5. チキンスープを飲む

6. 日光・ビタミンDを多くとる

7. マッサージを受ける

ストレス緩和のマッサージを受けると、風邪予防に効果があるといわれています。

心理的なストレスが免疫力を低下させてしまいます。

それが、風邪にかかるリスクを上げることで知られているから、ということです。

---
心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ
痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。
---