体の中を流してきれいに。

不要なものがあると、そこはよごれてしまいます。

それは、体の中でも同じこと!

体の中を流れているいろいろな物質が、留まることなく、全て流れ去ってきれいになってくれることが、健康の秘訣。

東洋医学では、体の中を流れているものを、大きく3つに分けています。

それは、

「気」

「血」

「水」

、と言われています。

「き」、「けつ」、「すい」と呼ばれます。

「血」は、わかりますよね。

そうです、血管を流れる血液のことです。

「水」は、血液以外の水分のことを指します。

最近、はやっているリンパドレナージュのリンパ液もそのうちのひとつです。

そして、「気」ですね^^

これがくせものです。

なんだか、わかりにくいですよね。

これは、水分以外の循環物だと思ってください。

さて、何があるでしょう?

ちょっと、イメージしにくいかもしれませんが、体内電流なんかが「気」のひとつです。

これら、「気」、「血」と「水」は、その流れが滞ることで、炎症を起こしたり、不要物質となって、「皮膚のしみ」などになったりします。

留まることなく、体の中を物質がきれいに流れていくことが、健康で美しい体を手に入れる大切な方法なのです^^

---

心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ

痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。