夏バテの食養生。

「夏バテには何を食べたら良いか?」とよく聞かれます。

暑いと思う時には、セロリ、もやし、枝豆、瓜、すいか、メロン、胡瓜。

湿度が高く蒸し暑さが気になれば、豆腐、みそ、小豆、なす、人参。

のどが渇き、からだが熱く感じる人には、木くらげ、卵、あさり、とまと、バナナ。

夏のクーラーで冷やしすぎた人は、ねぎ、乾姜、胃も丈夫なら、にんにく、唐辛子、にら。

夏の不養生が体にこたえるこの季節。

健康に秋を迎えるため、早めに夏ばてを治療しておきましょう。

---

甲子園鍼灸治療センター

西宮市甲子園砂田町6-10

℡ 0798-49-3367