妊娠には体力が必要です。

女性にしか出来ない妊娠。

妊娠というのは、命をかけた大事業です。

ですから、とてつもない体力を必要とします。

それは、妊娠出産ということだけではなく、その後の育児も考慮した体力を想定しておかなければなりません。

おそらく、体はそこまで考えて妊娠にのぞんでいるはずです。

ですが、出産高齢化に伴い、若さという元気の要因すら無くなってきているのが、不妊治療の現状です。

不妊に鍼灸治療を行なうと、不妊クリニックでの治療効果を上がるといわれています。

それは、体調が調い、妊娠への準備が体内で出来るからだと考えられるのです。

ですが、不妊クリニックでの治療自体が精神的体力的にも厳しいものです。

そのため、妊娠以前に不妊治療を継続するために体力が必要とされます。

不妊治療で心身共に疲れきってしまう人も多くありません。

不妊の原因として、虚弱体質、体力不足、精神疲労などが考えられています。

それが、不妊治療で疲れきってしまっては、妊娠どころではありません。

その疲れを癒すという点でも、鍼灸は効果的です。

不妊治療を継続する体力をつけながら、また、妊娠する体力も養っていくという2つの点で不妊治療は進めていくべきだと思います。

何かとストレスの多い今、体と心を少しでも癒して妊娠する体力を手に入れるという考え方が、特別な理由がみつからないにも関わらずなかなか妊娠できない患者様には大切なことなのではなかと思います。

---

BeneGroup

甲子園鍼灸治療センター

http://tradmed.net

西宮市甲子園砂田町6-10

0798-49-3367