急性腰痛と慢性腰痛。

im鍼灸院で診る疾患で多いのが、肩こりと腰痛ですね。

鍼で効果的なのが急性腰痛、つまり、ぎっくり腰です。

痛みを取り除く効果が高く、そして、慢性化を避ける効果もあります。

しかし、慢性化してしまった腰痛だと、治りづらくなります。

それは、日々の仕事や姿勢、生活習慣に由来するものが多いからです。

これまでは、慢性腰痛は急性腰痛からの移行により発症するとされてきました。

しかし、最近は、急性腰痛と慢性腰痛は別のものとの見解も始まっています。

そういう視点で腰痛を見ると、慢性腰痛を治すには、生活全般を見直す必要があるということです。

腰痛だといっても、痛みが発生してからの時間、それに関わると思われる生活習慣や体質、そういったものを診ていかなくてはなりません。

慢性化といっても、痛みが定着してしまうものや、また何度も急性腰痛を再発するのもある種慢性化の傾向ありと捉えても良いでしょうね。

人間の体は複雑です。

総合的に人体を診るということが求められますし、鍼灸という東洋医学はそれに適していると思いますね。

---

BeneGroup

甲子園鍼灸治療センター

http://tradmed.net

西宮市甲子園砂田町6-10

0798-49-3367