整体するための正常な筋肉って!?

体の中にある骨は、筋肉というゴムにぶらさがっている石のようなものです。

ぶらさがっているというよりは、引っ張られて、吊られているいう表現のほうが良いでしょうね。

その吊られ方も、ひとつで吊られているわけではなく、四方八方から引っ張られ固定されているわけです。

この筋肉の引っ張るバランスで、骨の位置が決まるわけです。

ですから、骨の位置を動かそうとっして押しても、

ボヨヨ~ン!、と元の位置に戻ってしまいます。

もし、骨の位置が中心からずれているとすると、

それは、筋肉の張力に差があるのです。

骨がずれている側の筋肉の引っ張る力が、強いということです。

この筋肉を引っ張る力を均等にすることが、骨のそろい方を整える整体といえると思います。

さて、では、どうすれば、筋肉の張力は均等になるのでしょう?

え?

筋肉のコリを取れば良い!、ですって?

うーん、残念!違います!

それでは、緩み過ぎる場合も出てきます。

筋肉の縮む力と伸びる力が均等になることが、筋肉の正常な働きを発揮します。

筋肉は、筋肉内の電気の流れで、縮み、また、緩みます。

そのため、筋肉内の電気の流れがスムーズであることが、大切です。

それには、針治療とストレッチ治療が必要になってきます。

電気の流れを、うまくおこなえる筋肉にすることが、筋肉の張力を整えることで、骨格も整う整体には欠かせないのです。

---

心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ

痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。