春は肩こりの季節

春は、肩こりの季節、だといわれます。

最近は肩がやたらとこるなぁ、と思っているあなた!

春へとの季節の移行が、体の中でうまく行われていないのかもしれません。

春は肩こりの季節と同時に、肝の季節といわれています。

春になると体内は肝が中心に動き始めるとされているのですが、それがうまくいかないと、肩がこるというのです。

つまり、春でなくても肝に負担がかかると肩がこるということなのですが・・・。

また、自然界では、動物たちは冬の間に凝り固まってしまった筋肉を伸ばそうとします。

それは、体が動きやすくなった季節に合わせての準備運動です。

冬の間は寒さに耐えようと、筋肉を堅くしているのですが、それが春になると必要なくなるので、筋肉の堅さが気になってくるということもあるのかもしれません。

冬の間に堅くなった筋肉を柔らかくしたいと、身体が思うということも、肩がこったと感じる一つの要因だったりするのかもしれませんね。