生姜と乾姜で、効果が違う。

生姜ブームが来ています。

「冷え」という症状が注目され、その療法として、生姜を食べることが、よく取り上げられるようになりました。

生姜というと、日本で皆さんが最初に思い浮かべるのは・・・、

ガリ?、でしょうか・・・。

お寿司に添えられている、ガリ。

それとも、紅生姜?

牛丼にのせたり、ちらし寿司にのせたりする・・・。

または、冷奴の上のおろし生姜?

どれも、生っぽいですねぇ。

まさに生姜、なまですね。

そうなんです。

日本で使う生姜って、なまのイメージなんですよねぇ。

ここではっきりと書きますと、

生の生姜の効果は・・・、清熱です。

熱を落とすということなのです。

熱を落とすと・・・、そりゃ、一旦は冷えてしまいますよね。

そうなんです。

日本の食文化で、生姜は熱を取るために使われていたんですね。

新生姜って、初夏が旬でしたよね?

その、新生姜を酢漬けにして、ガリとして食べる。

ガリを食べても、温まりませんよねぇ。

さて、どうやって生姜を食べると温まるのでしょう。

それは、火を通して食べる、ということです。

---

心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ

痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。