皮膚を守ることが大切な「秋」という季節

秋は乾燥の季節です。

「燥季」と東洋医学でよばれるこの季節は、いかに乾燥から身を守るかが重要。

さて、どんな治療法が理想でしょうか?

というよりも、どの国の治療法を活用すべきでしょうか?

うーん、この質問は、少しわかりにくいですねぇ。

つまり、日本の秋と同じような気候の国が、世界のどこにあって、そこではどのような健康法がおこなわれているか、ということなのですが・・・。

うーん、では、ユーラシア大陸の東西南北という地域で考えてみて、

どの方角が乾燥している地域でしょう?

正解は・・・、西です。

西洋、ヨーロッパが乾燥している地域です。

秋という季節は、ヨーロッパの健康法を取り入れれば、良いということになります。

日本の秋は、乾燥していて、しかも、寒いです。

ですから、少し北部が良いでしょうね。

つまり、ヨーロッパの北部が、日本の秋に似ているといえます。

乾燥しますよ、ヨーロッパ北部は・・・^^;

そして、寒い。

乾燥した皮膚に、冷たい風はが当たると、刺さるような痛さすら感じます。

それを防ぐには、やはり、オイルです。

皮膚にたっぷりとオイルを塗り込みます。

また、ヨーロッパ北部に住む人たちの皮膚は分厚かったように思います。

乾燥や寒さから身を守るために、そうなったのかなぁ、とか考えます。

オイルで、肌が潤うと、少しの風なら当たっても大丈夫な感じになります。

このように考えて、世界の健康法を、日本の季節に合わせ取り入れるのも楽しい方法だと思いますよ^^

---

心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ

痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。