秋の悲しさをまぎらわす方法

東洋医学では、秋は悲しみの季節、といわれます。

それは、内臓の肺と関係があります。

肺が不調になりと人は悲しくなる、いわれているのです。

逆に、悲しむと肺を傷つける、ともいわれます。

空気が冷たくなり乾燥し、風を引きやすくなった秋は、肺が環境にいじめられてしまいます。

すると、なんとも物悲しい雰囲気に、人は包まれてしまいます。

さて、物悲しさを吹き飛ばしてみましょう。

感情には、バランスというものがあります。

それは、東洋医学の理論に組み込まれているんですが、

悲しみは怒りに勝つ、というものです。

人は悲しむと、怒りにくくなるというのです。

悲しみと怒りは感情のバランスであるということです。

つまり・・・、

怒れば、悲しみは抑えられます^^

悲しみに包まれているあなた!

怒ってください。

理由は何でも良いです。

怒って、悲しみを吹き飛ばしてみましょう。

まぁ、秋ですから、もの悲しさを楽しむというのも趣がありますが^^

---
心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ
痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。
---