秋の旬のマッサージ。

秋になり、寒さがじょじょに増してきます。

カゼには気をつけたいものです。

ということで、カゼ予防のマッサージは「擦る」ことです。

え!?そんなのしらないですって?

そうですねぇ・・・

日本では、あまりみかけませんねぇ。

でも、最近、はやってきたマッサージ法に「カッサ」というものがありますでしょ。

あれは、擦るマッサージの一種です。

そして・・・、

日本人の誰もがしっているものがあります。

それは・・・、

「乾布摩擦」です。

どうですか?ピンときました?

そうなんです。

日本でも古くから、寒くなると、「擦る」ということをやってきてるんです。

手が冷たいと、つい手を擦ってしまうでしょ^^

この「擦る」ということが、皮膚表面の毛細血管を拡張して、外から冷えを防御してくれるんです^^

背中を乾布、乾いた布で擦ったら、赤くなりますよね。

赤くなる時点で温まった証拠なのですが、これを毎日続けていくと、皮膚がちょっと分厚くなったような感じになってきます。

皮膚って、同じところを擦り続けれると、角質化してきますよね。

そんな感じです。

こうなると、冷たい風があたっても大丈夫^^

背中がぞくっとしにくくなりますよ。

秋の健康法は擦ること^^

特に冷たい風が当たると寒気が走る背すじ首すじを擦りましょう^^

---

心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ

痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。