腰湯と半身浴、おすすめ。

腰湯や半身浴が苦手という方はけっこういらっしゃいます。

というよりも、お風呂につかるとのぼせて嫌だということで、カラスの行水になっている方が多いのです。

こういった方に限って、足は冷たくて普段からのぼせがち。

健康の基本、頭寒足熱がすっかりひっくり返ってしまっています。

もともとのぼせがちなのですから、お風呂に入ればすぐにのぼせてしまうのは当然。

でも、そこを頑張ってお風呂につかることで、下半身が温まり、足の血管が拡張し始めたら、頭寒足熱の「足熱」、つまり足が温まりはじめて、のぼせが引いてきます。

ところが、ここまで我慢できないんですよね。

そこでおすすめなのが、腰湯と半身浴です。

夏などは、腰湯にして、上半身は大きくお湯から出してよいと思います。

ですが、冬はみぞおちまで浸かって、半身浴にするのが良いでしょう。

頑張って、浸かり続け、下半身に血が巡り始めたら、頭寒足熱の効果になってきます。

そして、これを続けていくことで、日ごとに足の温まる速度が上がってきます。

ここまでくれば、足が温かく、のぼせにくいからだの出来上がり。

でも、これも我慢できないという方が、また多いんです。

なぜ、出来ないのか?

どうも、それには理由があるようです。

その理由と対処法は、また、次回。

---

BeneGroup

甲子園鍼灸治療センター

http://tradmed.net

西宮市甲子園砂田町6-10

0798-49-3367