風邪の予防で温かく保つ箇所。

秋になり、寒さ対策が必要な季節になりました。

カゼも流行りはじめています。

皆さん、カゼ対策として、どのようなことをしておられますか?

身体を温かくする、というのはもちろんですね。

温かく保つなら、首筋がおすすめ。

東洋医学では、カゼは首筋と足元から入ってくるといいます。

特に、首筋がゾクッとした瞬間にカゼが入ったかも、と思ってください。

ゾクッとしないためには、首筋に風を当てないことです。

冷たいだけでは、ゾクッとしないですよね。

冷たい風が当たらないと、ゾクッとしないんですよね。

だから、カゼは風邪、よこしまな風と書くのかもしれませんね。

首筋を冷たい風からガードすることが、カゼ予防になります。

もし、ゾクッとして、「しまった!カゼ引いたかな!?」、と思ってからでも首筋を温めてください。

その時は、首筋だけではなく、背中も温めましょう。

首筋から背中にかけてタオルを当てます。

それだけでは、温まらない感じなら、湯たんぽや使い捨てカイロを合わせて使ってみましょう。

これを行なうだけでも、体は随分と楽になりますよ^^

---
心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ
痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。
---