風邪の患者さん。

カゼに対する東洋医学の考え方について書いている端から、カゼの患者さんが二人立て続けにいらっしゃいました。

もちろん、ご本人たちは、自分がカゼを引いているなど露知らず。

一人の症状は、胸が苦しい。

もう一人は、首肩こりと頭痛。

お二人とも、セキや鼻水などのカゼ症状はありません。

あっ、お一人は喉のザラつきを感じておられました。

ということで、治療です。

胸が苦しいとおっしゃる患者さんは、小柴胡湯証でした。

口が苦くて、脇が苦しいという典型的な症状で、脈を診て見ると弦脈という状態。

きれいなパターンです。

お二人目は、首に症状ということで、首筋を温める申脈穴と後渓穴を使って、桂枝湯証として処理しました。

風邪といっても、このように症状は様々。

そして、治療も様々。

これが、風邪が万病につながるといわれる所以なのかもしれませんね。

---
心斎橋のベーネ治療院 伝統の鍼灸・整体・マッサージ
痛くない方向に動かすことで、痛みが取れる整体です。
---