食べる薬膳、食べない薬膳

薬膳。

薬のお膳ということですね。

その日、その時の体調に合わせて体に良い食べ物を食すということです。

目次-西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターのブログ

食べないという薬膳

食べない薬膳というと、変な表現ですが、言いたいことは、

「体に悪いものはたべない」

ということです。

もう少しいいますと、

「必要の無いものは食べない」

ということです。

今は、飽食の時代です。

周りに食べ物がいっぱい。

どこを見てもおいしそうなものばかりです。

中には、あなたの体に良いものもあるでしょう。

ですが、体に悪いものたくさんあります。

 

冷え性の食べない薬膳

冷え性の人がいるといます。

この人は、なぜ冷え性なのでしょうか?

生まれつきの体質なのでしょうか?

それであれば、体を温める薬膳を食すべきですね。

でも、日ごろから体を冷やすものを食べているとしたらいかがでしょう?

ヨーグルト、フルーツ、牛乳、生野菜、麦茶、などなど・・・。

こんなものを食べ過ぎていないでしょうか?

これらは体を冷やす食べ物です。

これが原因で冷え性になっているのなら、体を温める食べ物を加えるよりも、これらを食べないようにするほうが良いでしょう。

つまり、「食べない薬膳」ということです。

 飽食の時代こそ、食べない薬膳を

体に良いものをたくさん食べようというのは、この飽食の時代にそぐわないように思います。

体に良いものを食べるよりも、まずは、悪いものを食べないようにしましょう。

また、なんとなく食べているものもけっこうありますよね。

それって、必要ですか?

もし、必要の無い食べ物ならば、まずは、体に悪いものと思って食べてください。

また、好きなものは食べ過ぎる傾向があるものです。

たとえ体に良いものでも、食べ過ぎれば、それは、もう体に良くありません。

食べて健康になるのも良いですが、食べずに健康になる方法もあるということです。

体に悪い食べ物を取り除いていく「食べない薬膳」を提案します。