筋肉は連動します。

筋肉は連動します

整体をおこなうには、筋肉の張力を調整することが大切です。

堅すぎてもだめです。

実は、やわらかすぎてもだめなんです。

筋肉は、程良い堅さで

肩こりなど、筋肉の緊張で悩まされている人はよく見かけますね。

だから、筋肉は柔らかいほうが良い、と思っている方も多いと思います。

でも、実は、虚弱で筋肉が緩み過ぎて、力が入らないといった人は増えているんですよ。

とはいえ、それでもコリに悩まされている人は多いです。

さて、筋肉をどうやって緩めましょう?

マッサージ!、と答える方も多いと思います。

触れることのできる筋肉なら、マッサージで緩められる、というイメージは持てますよね。

では、触れない筋肉はどうしましょうか?

深い筋肉を緩める

表面の筋肉のコリなら、マッサージで一時的、単に一時的ですが緩めることが出来ます。

では、深部の触れない筋肉はどうしますか?

触れないのだから、マッサージは出来ませんよね。

ここで、

「ストレッチ!」

と答えたあなた。

良い答えです。

それも使えますね。

では、触れない、ストレッチもできない、となればどうしますか?

筋肉は連動で緩む

ここが重要です。

深部のため、触れない、うまくストレッチすることも出来ない。

そんな筋肉をいかに緩めるのか?

この自由にコントロールできない筋肉をどうやって緩めるのか?

ここで知っておくべきことがあります!

筋肉は連動する、ということです。

筋肉は単体では動かせません。

他の筋肉と一緒に動きます。

大体において、縦に連動しています。

筋肉の連動の例

例)

足の第2指を上に挙げると、脛の前面、太ももの前面、腹筋~顔の前面すべてが収縮しようとすると、東洋医学では考えれています。

このように、一緒に連動する筋肉群を「経筋」と東洋医学ではいいます。

筋肉を単体で考えるのではなく、この筋肉の連動『経筋』をうまく使うことで、触れない筋肉やストレットできない筋肉を緩めることができるのです。

連動ということを考えよう

連動する筋肉は、末端を動かすことで、それと連動する筋肉がいっしょに動きます。

つまり、緩めたい筋肉と連動する筋肉をうまく操作すれば、深部の筋肉にも働きかけることが出来ると東洋医学では考えられているんです。

鍼灸で刺激をしても良いですし、また、ストレットや運動療法を末端に行なうことでも、深部に働きかけることが出来ます。

この『経筋』という考え方は、果ては末端の筋肉と深部筋、そして内臓筋まで考えに含んでしまいます。

この筋肉は連動する、ついには全身は連動するという考え方が、ツボ一つを使うだけで、全身に影響を及ぼす考え方にまで幅が広がるわけです。

でも、まずは筋肉は連動しているということを感じてももらって、コリの改善に役立てていただけるとありがたいですね。