花粉や黄砂のアレルギー

春の訪れとともに暖かくなってくるのは、とても気持ちの良いものです。

ですが、春とともにやってくるの花粉。そして、黄砂。

アレルギーの方には、とてもつらい季節です。

目はかゆいし、鼻は詰まるし、のどは痛いし、頭痛もする。

しかも、まだ肌寒さもあって、アレルギーなのかカゼを引いたかの判断も難しい。

春なのに、とても憂鬱な気分です。

さて、どうしましょう。

ということで、おすすめの健康法。

鼻を洗うなどのヨガの方法もありますが、ここは東洋医学で食事法をご紹介。

こんな食べ物を控えてみましょう。

パン、甘いお菓子、イモ類、お餅、おかきなど。

こういった胸つまりをするものを常食している人は、アレルギーが悪化するといわれます。

どうしても食べてしまったら、水をしっかりと飲んで、流してしまいましょう。

水を飲んだら鼻水が増えないかって?

大丈夫です。そんなことはありませんでしっかりと水を飲みましょう。

でも、ジュースなど甘いものはだめですよ。水かお湯、白湯にしてくださいね。

さて、こういったものを食べるとなぜアレルギーが悪化するのか。

これらのものを食べると、たくさんの水分が奪われます。

それによって、粘膜に潤いが無くなり、粘膜という粘膜がさらに腫れてしまうからなんです。

そこに花粉や黄砂が付着するとさぁ大変、というわけです。

花粉症の人は、パンをやめて、ご飯の食事にするのも効果的ですよ。

はり治療では、消化の働きを助けて、こういった胸詰まりするものの停滞を取り除き、粘膜の炎症を抑えます。

また、鼻周りの筋肉を緩めることで、鼻周辺の詰まりを治すことで、鼻詰まり目のかゆみなどを防ぎます。

のどには潤いを与えるツボを使って、イガイガを抑えます。