めまいと三半規管。

西宮の鍼灸院 甲子園鍼灸治療センター

目次-西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターのブログ

めまいの原因、耳の三半規管

めまいの原因には、いろいろあります。

その原因の中でも、耳という器官はとても大事なものです。

耳は、音を聴く機能を有していますが、それ以外に平衡感覚を保つ役割も持っています。

耳の奥にある三半規管という器官が平衡感覚を保っているのです。

三半規管の異常

この三半規管の機能が、うまく働かないと平衡感覚が崩れ、めまいなどの症状が起こります

この三半規管は、輪が立体に重なったような形をしています。

そこの輪が平衡感覚を感じているのです。

三半規管に生じる異常に、菌やウイルスによる感染があります。

そして、その不具合により誤った平衡感覚が脳に伝わってしまいます。

脳はその誤った情報で体の平衡感覚を調整しますので、視覚と平衡感覚などとバランスが取れなくなり、フラフラしてしまうわけです。

これが「めまいの原因」とされています。

めまいの鍼灸治療

東洋医学では、炎症があれば、まず、その治療を行ないます。

また、水分の代謝障害でもめまいが発症されるとされています。

こういった場合は、水分をとりすぎると悪化します。

ですから、利尿効果のあるとされるとうもろこし茶などを飲むのが良いですね。

鍼灸治療では、脈診や舌診などで、何がめまいの原因となっているかを診立て治療を行ないます。

そして、それに合わせた健康法や養生法を行なっていただくことで、再発防止に役立てます。

治療でも原因を元から断つことが大切です。