メニエール病、めまい。

西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターです。

めまいは、不安です。

生活を不安にさせる「めまい」。

メニエール病は、めまいの症状でよく知られた病名です。

メニエール病というのに、明確な治療法が見つかっていません。

厚生労働省の特定疾患で難病指定を受けています。

ですが、医療費の助成のある特定疾患治療研究事業対象ではなありません。

この病の元は、内耳の水ぶくれ状態(内リンパ水腫)であるとされています。

体内の水分を操作する治療法が有効とされ、利尿剤や水分摂取コントロールなどが、主な西洋医学での治療法とされています。

メニエール病というのは、そのもので死に至るわけではないのですが、めまい症状が何の前触れもなく現れるため、大きな怪我につながりかねません。

そのことに、多くの患者様は不安を抱いています。

鍼灸の治療では、メニエール病という病名にこだわらず、患者様の持っている症状にあわせて治療を行います。

メニエール病では、めまいを中心に、難聴や耳鳴りを伴います。

やはり、鍼灸治療では耳中心の治療になりますが、何が耳の部分に影響を及ぼしているかは、脈や舌の状態を見ることで、東洋医学的な判断を行います。

必ずしも、水分代謝が原因とは考えられない場合もあります。

イライラなどの精神的なものや、消化機能低下がバックグラウンドに潜んでいることも多いのです。

一度定着してしまうと、コントロールが難しくなるメニエール病のみならず、めまい全般。

早めに対処をして、丁寧な治療と体にあった生活改善を行うことが重要です。