舌のお話

西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターです。

伝統医療で重要な診察法に舌の状態を診る「舌診」というものがあります。

舌診では、

・舌全体の色

・舌の形

・舌苔の形

・舌苔の色

を観察します。

舌は体質や内臓の状態を映し出す鏡です。

身体の調子によって舌の状態は変化します。

舌は粘膜に覆われていて、血管もが多いので、血液と体液の量と質が反映します。

では、体質と舌がどのような関係をもっているか簡単にご紹介します。

・健康な舌は、舌の色がピンクで薄く白い舌苔がのっています。

・冷え性の人は、舌の色が白っぽくて、舌苔も白いです。

・肌荒れ、吹き出物、湿疹がある人は、舌が赤くて、舌苔がやや厚く黄色いです。体が熱を帯びている証拠です。

・太りやすいひとは、舌赤くて、厚い舌苔があります。食べ過ぎで体がほてっています。

・むくんで水太りのひとは、舌が白っぽいくてぽってりとしていて歯型がついています。体が冷えていて、水分代謝が悪いことが現れています。

・のぼせ、月経前症候群の人は、舌が赤くて、舌苔が薄く黄色いです。そんなに食べ過ぎていないのに、体が熱を帯びて、胃腸も熱を帯びています。

舌は自分で観察できる場所です。

身体を気に掛け、体質改善につなげましょう。
当院では、舌診と共に脈診も行なっています。

伝統的な診察法で患者様の体を全体的に把握することで、体質改善につながる治療を提供しております。