ショウガで冷やす。ショウガで温める。

西宮の鍼灸院 甲子園鍼灸治療センター

体が温まるショウガを活用

ショウガって、食べると体が温まりますよね。

これは、薬膳では基本の知識。

そして、今では誰もが知っている冷え性対策です。

そんなショウガの温まる効果を活用したいものですね。

ショウガで冷えることも

ところが、ショウガというのは冷やす効果もあるんです。

ご存知でしたか?

どうやってショウガで冷やすのか・・・。

それは、なまのショウガです。

ショウガをなまで食べると、冷えるんです。

正確に言うと、不要な熱を除いてくれます。

それを、清熱・解熱の効果、といいます。

ですから、体に不要な熱がある人は、ショウガをなまで食べれば良いんです。

ショウガで体を温める

さて、では、ショウガで体を温めるにはどうすれば良いのでしょうか?

なまで食べると冷えます。

だから・・・、

火を通したショウガを食べれば良いのです。

ショウガで体を温めるためには、火を通したショウガでないとダメなんです。

また、生姜の水分を飛ばしてしまうということでも同じ効果を出すことができます。

つまり、乾燥した生姜で、良いとうことですね。

乾燥させたショウガのことを、漢方生薬で乾姜といいます。

これはとても体が温まります。

薄切りにして、干すだけですから簡単に出来ますよ。

ショウガで冷やす。ショウガで温める。

ということで、ショウガでは冷やすこともできるし、温めることもできるということです。

夏などは、生のショウガを千切りを料理に添えると、体の熱が取れてスッとしますね。

冷奴に乗せたり、きゅうりの浅漬けに添えたりすると、夏場は美味しくいただけます。

また、逆に冬場は、ショウガに火を通して食べます。

鍋に入れたりすると良いでしょう。

また、鶏肉でスープを作る時に入れると、鶏肉も体を温める効果のある食材ですから、効果倍増ですね。

季節ごとにショウガの効果を使い分け、健康な食生活を送りましょう。