8割が冷え性。

西宮 甲子園鍼灸治療センター

目次-西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターのブログ

冷え性は代謝が下がる『健康の敵』

冷え性は、健康の敵です。

人の体は、冷えると新陳代謝が低下してしまいます。

東洋医学的には、肩こりや腰痛の原因になるだけでなく、消化機能も低下してしまいます。

そんなときに負担のかかる食べ物を食べると、ふきでものが出たり、アトピーが悪化したりします。 

女性の8割以上が「冷え性」

日清食品が冷え性などについて調査しました。

2014年3月3日発表です。

“冬”に体の冷えを感じることがありますか?・・・97%が「ある」

“春先” に体の冷えを感じることがありますか?・・・85%が「ある」

自分を冷え性だと思いますか?・・・82%が「そう思う」

体の冷えを“辛い”と感じることはありますか?・・・82%が「ある」

8割から9割の女性が、冷えに苦しんでいるというとんでもない結果です。

冬だけでなく、まだまだ肌寒い春先でも、冷えで悩んでいるんですね。

きっと、夏のクーラーでも冷えてお困りのことだろうと思います。

東洋医学では、春は少しのぼせる季節。

日差しはあたたかくなってくるのですが、地面はまだ冷たいんです。

つまり、底冷えしてしまいます。

でも、上半身は温かくなります。

これが、冷えのぼせを生んでしまうんですね。

冷えのぼせると、さらに下半身の冷えが悪化してしまいます。

温かくなってきた春の冷え性は、上半身を少し涼しくして、下半身をしっかり温めてあげることがおすすめです。

『温活』のすすめ

「冷え性」対策として注目されている『温活』。

『温活』、なんだか健康に良さそうな言葉ですね。

健康や美容のために体を温める活動のことなんだそうです。

さて、どんな『温活』があるでしょうか?

 

東洋医学で考えるなら、薬膳ははずせませんね。

おすすめは、火の通ったショウガを食べること。

なまはダメです。

逆に冷えてしまう可能性がありますから。

そして、アクセントとしての唐辛子。

唐辛子は、主に秋にちょっと使います。

どっと汗が出るほど食べると、逆に冷えてしまいますので、ひかえめに。

そして、腰湯がおすすめですね。

腰湯や半身浴は、上半身が乾いた状態で行ないましょう。

ぬれたまま空気にさらすと、カゼを引いてしまいますよ。

あとは、冷えやすい部分を温めることですね。

温めたいのは、下腹、腰、背すじ、足先ですね。

腹巻なんておすすめですね。

どの季節でも冷え性で悩まされる昨今。

ていねいな『温活』で冷え性と戦いましょう。

 

8割以上が「春先も冷えを感じる」:日清食品株式会社

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000009486.html