鍼灸と漢方。

鍼灸と漢方は、同じ伝統医療です。

でも、どのようにちがうのでしょうか?

実は、ほとんど同じものなんです。

理論は同じで、しかも、診察法も同じです。

「脈診」や「舌診」、「腹診」など、診察は同じ方法で行なわれます。

違うのは、治療方法だけということです。

それ以外に違いがあるとすれば、もととなる本が違うといえるかもしれませんね。

さて、鍼灸では漢方薬をツボに当てはめて使うことができます。

つまり、葛根湯ならこのツボを使えば同じ効果とか、四逆湯ならこのツボを使うなどといった転用が可能です。

逆もまた真なりで、このツボを使うなら、この漢方薬を飲むといったことも可能です。

つまり、鍼灸と漢方の併用が出来るということです。

だから、漢方薬を飲んでいる人が鍼灸を受ける時は、どのような漢方薬を飲んでいるのかを伝えるのが良いでしょうね。

その方が、情報が増えて、適切な治療を行ないやすいですからね。

このように、鍼灸と漢方は切り離して考えられません。

鍼灸では、ツボに効能があり、その組合せで体に働きかけます。

漢方薬は、生薬に効能があり、その組合せで体に働きかけます。

いかがですか?

このように書くと、本当に同じですよね。

診察法や理論は同じで、取るべき治療法が違うだけ。

そういうことなんです。