秋の健康、皮膚を乾燥から守る

秋という季節の特徴は何でしょうか?

それは、乾燥です。

東洋医学では、秋のことを「燥季」と呼びます。

つまり、乾燥した季節ということですね。

秋に入ると、人の体は、この乾燥に対応しようとします。

そのお手伝いをすることが、秋の健康法ということになります。

いかに乾燥から身を守るかが大切なんです。

さて、では、どのようなことをするのが理想でしょうか?

やるべきことは、体を潤わせること、なんです。

潤わせる方法は、いろいろとありますね。

渇いた皮膚を潤わせるなら、やっぱり、「オイル」ですね。

オイルを使って、皮膚を乾燥から守りましょう。

オイルを使うと、皮膚表面に膜ができます。

その結果、皮膚からの水分蒸発がさらに防げます。

また、渇いた空気が皮膚に当たり、冷やすことも防いでくれるんです。

乾燥した皮膚に冷たい風が当たると、痛いですよね。

そこで、オイルで潤わせておくと、それを防いでくれるということなんです。

でも、それだけでは、皮膚表面だけ。

上っ面が潤うだけですよね。

できれば、体の中から潤わせたいものです。

そこでおすすめなのは、潤わせる薬膳です。

食べるべきは、ゼラチン質です。

おすすめは、「豚肉」です。

豚肉はゼラチンが豊富で、体を潤わせる効果を持っています。

お肉を食べたいなぁ、と思ったら、秋は豚肉を食べましょう。

もちろん、ゼラチンそのものを取るのが効果的ですが、科学的に抽出したものではなく、料理の中から取るのがやっぱり自然で良いですね。

食材としては、「すっぽん」もおすすめなのですが、食べたくないという患者さまも多いので、万人向けではないようですね。