肺を守りたい秋

台風が去ると本格的に秋の到来です。

秋という季節は、

・空気が冷たくなります

・空気が乾燥してきます

・風邪などの菌やウイルスが活発になります

その結果、呼吸器系が傷つきやすくなります。

ですから、喘息などで呼吸器系が弱い方は、秋が苦手です。

秋には、肺に優しい生活が大切です。

そのためには、温かくて乾燥に負けない潤いのある体を作らなければなりません。

もともと呼吸器が弱い人は、背中を冷やさないようにしなければなりません。

ですが、背中を冷やさないようにと無理に温めすぎてしまうと、逆に体は温める機能を落としてしまいます。

体は自分で温かくしなくても良いわけですから、温めなくてもいいや、なんて考え始めるわけです。

ですから、やっぱり、ちょっと背中を鍛えてあげなければなりません。

おすすめの方法は、”乾布摩擦”です。

乾布摩擦をすることで、背中は温める機能が上がり、呼吸器が強くなるといわれています。

この方法は、呼吸器を鍛えるために昔々から行なわれていた方法です。

簡単ですが、とても効果があります。

毎日ちょっと背中を乾いたタオルでこするだけ。

もう秋は目の前です。

呼吸器を守る生活を始めましょう。