肩こり治療は、まず原因を知る

鍼灸で肩こりの症状を取ることはできます。

でも、肩こりの原因が取り除かれなければなりません。

その原因を鍼灸で治療するということが本当の肩こり治療です。

肩コリの原因は?

まずは首や肩に原因があります。

筋肉疲労により血管が圧迫され、血流が悪くなって、首や肩が硬くなってしまいます。

これが肩コリです。

首から肩、背中にかけて起こる不快感。

重い感じやだるさが症状として見られるのですが、ひどい場合は吐き気、めまいなどをともなうこともあります。

・長時間の同じ姿勢はダメ

肩こりの原因である筋肉疲労の原因に、パソコンや携帯、ゲーム、読書、手芸など、下向きの姿勢を長時間継続するというものがあります。

下向きを続けていると頭を支える首の筋肉が収縮し続け、疲労します。

それが首のコリとなり、肩や背中にまで及びます。

そして、この下向き姿勢を続けていると、頸椎が真っ直ぐになってしまう「ストレートネック」という状態にまで進んでしまします。

ストレートネックになると、コリはさらにひどくなります。

・目の使いすぎ

また、今は目を酷使することが多いですよね。

テレビやパソコン、携帯電話をずっと見ている現代人。

これを長時間続けていると目の筋肉が疲れ、それが首や肩の筋肉に及びます。

また、夜遅くまで光るものを見てしまうことで、自律神経のバランスが崩れます。

それが、さらに首・肩の血行を悪くして、コリが悪化します。

・イライラなどのストレス

ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れます。

そして交感神経が亢進し、血管が収縮し、首・肩や背中の筋肉が緊張してしまいます。

それにより、コリが発生します。

そして、コリを感じるとが更なるストレスがまします。

ますます自律神経のバランスが崩れていきます。

肩コリの鍼灸治療

このように首や肩コリの原因はさまざまです。

確かに筋肉をほぐすと症状は軽くなります。

でも、それだけでなく、原因を取り除く治療を行なわなければなりません。

姿勢が悪ければ、体のラインを修正し筋肉バランスをととのえなければなりません。

目の疲れが原因なら、目の疲れを取り除く必要があります。

また、精神的にリラックスさせることも重要です。

それだけではなく、全身の治療としては、血行を回復させ、免疫の強化、自律神経とホルモン分泌の調整などを行なうということをしておかなければなりません。

ですから、ツボは症状のある首や肩だけではなく、様々なツボを使用します。

鍼治療がコリに有効とされる理由は、こういった全身を治療するということができるからなのです。