寒い冬の肩こり

西宮の甲子園鍼灸治療センターです。

寒い冬の肩こり

「肩こり」は、季節に限らず、年中、私たちの体を襲ってきます。

でも、季節限らずとはいえ、「肩こり」の原因は季節によって異なる場合があるんです。

例えば、寒い冬、カラダを襲うのは冷えです。

冬に熱に侵されることはまずありません。

ですから、この季節の「肩こり」はやはり温めて治したいものです。

温めて治すということが、冬のカラダを全体的に考えても理想的なのです。

もし、冬に「肩こり」が悪化するのなら、それはカラダが冷えに弱い証拠ということです。

肩を温める方法はいろいろとあります。

肌にタオルを当てて保温する。

使い捨てカイロを貼る。

おしぼりをビニールにくるんで当てる。

暖かいペットボトルを当てる。

湯たんぽを肩にあてる。

いろいろなもので肩を温めることができます。

肩を温めて「肩こり」が改善するようなら、冬は定期的に肩を温めましょう。

ずっと温め続けると、冷えに弱くなってしまう可能性もあるので、症状が改善する程度の処置が良いでしょう。

さて、カラダを温めるなら、お風呂はどうでしょうか?

確かにカラダは温まるのですが、濡らしてしまうため湯冷めしてしまう可能性があります。

お風呂で温まったら、すぐに布団に入ってくださいね。