その肩こりの原因は・・・

肩こりは、多くの患者さまがお悩みの症状です。

いろいろな症状の患者さまが来られていますが、ほとんどの方が肩こりを併発させています。

目次-西宮の鍼灸院、甲子園鍼灸治療センターのブログ

肩こりの原因はいろいろ

肩こりの原因は、東洋医学ではいろいろとあります。

冷えや食べすぎ、そして、姿勢、などなど・・・

どのような症状にも、肩こりは付き物のようです。

つまり、肩こりは、それ自体が病というよりは、そのほかの病に見られる症状ととらえておく方が良さそうです。

そのように考えておくと、肩こりの患者さまには、肩こり以外に治すべき病があるということなのです。

ですから、問診はとても大切です。

ご存知かと思いますが、問診とは患者さまと病の話をすることです。

ですが、それ以上に、病と関係なさそうな生活習慣の話がとっても大切なんです。

肩こりは他の病の症状である、と考えておくと、患者さまとお話しする内容は、ばっと広がります。

次々と、患者さまのいろいろな症状が浮かび上がってきます。

何でも聞くという姿勢が大切

聞いていると、患者さまのいろいろな問題点が浮かび上がってきます。

夜遅くまでスマホを触っている、だとか。

最近、レーシックの手術をしたばかり、だとか。

これらは、目の症状ですね。

数週間前に首を寝違えた、とか。

ぎっくり腰をした、とか。

肩以外の関節の異常も重要です。

以前は、昔の大きな骨折で動きにくくなった足首を治療したら、肩こりが改善したなどということもありました。

これも東洋医学では、当たり前のことなんです。

また、冷たいものをたくさん食べたり飲んだりしている、とか。

夜遅くに食事を取っているなどなど。

本当に多くの原因で、肩こりは発生するんです。

肩こりは、病の症状です。

もう一度、書きます。

肩こりは、他の病の症状であることが多いです。

肩そのものを傷めた覚えもないのに、肩こりの症状をお持ちの方。

肩こり以外の病を治す努力をしてみてください。

目の疲れ。

胃もたれ。

便秘に下痢。

腰痛など肩以外の運動器疾患。

さまざまな病を治してみると、肩こりが改善することは多いのです。

もちろん、精神的なものもそれにあたります。

肩こりで悩んでいる人は本当に多いです。

でも、肩こりだけに着目するのではなく、その他の病と一緒に治していくことをおすすめする次第です。