夏ばては、秋のはじめにやってくる。

夏も終わり。夏ばてがやってくる。

今年は、去年の暑さはどこにいったのかと思えるほどに涼しい夏でした。

熱中症にかかったという方も少なかったようで、良かったですね。

さて、これからは秋雨の季節。

梅雨とは違う湿気の季節です。

涼しいので、そんなに湿気は感じないかもしれませんが。

でも、けっこう湿気るんですよ。

この時期に、皆さんは、体をだるく感じて、夏ばてという症状になるんです。

足が重たくありませんか?

足がむくんでいませんか?

胃が重たくむかつきませんか?

それなのにノドが渇きませんか?

秋雨の季節では、湿気で足が冷えてしまうのに、ノドが渇くんです。

そして、ついつい冷たいものを飲みすぎてしまいます。

もう、夏の暑さは終わっているのに。

冷えると分かっても、ついつい水をがぶがぶと飲んでしまいます。

すると、また、体が重くなる。

足もむくむ。

こんなことを繰り返してしまうのが、秋雨の季節なんです。

夏ばて対策をしましょう。

夏バテには何を食べたら良いのでしょうか?

薬膳というのは、誰にでも同じものを食べれば良いというわけではありません。

夏ばてといっても、症状によって分けるべきなんです。

暑さに負けたなぁと思う人は、

・セロリ

・もやし

・枝豆

・瓜

・すいか

・メロン

・胡瓜

など、体の熱を取ってくれるものがおすすめです。

夏のクーラーで冷やしすぎたと思う人は、

・ねぎ

・乾姜

・にんにく

・唐辛子

・にら

など温めるものが良いでしょう。

にんにく、唐辛子、にらは少し強い食べ物ですから、胃が疲れている人は控えめにしてください。

これから夏の不養生が体に現れてきます。

ここで、夏ばてをとって、健康な秋を迎えましょう。