肩こり・腰の痛み・五十肩・膝や肘の痛み・寝ちがい

-筋肉のバランスと連動が大切。体の使い方確認しましょう-


「肩こり」や「五十肩」は肩の過緊張が原因です。

その過緊張がなぜおこっているのかを知る必要があります。


肩に過緊張の原因には、

精神的ストレスのかかった闘争状態

風邪などの外的要因ストレス

睡眠不足や眠りが浅い

内臓の動きがスムーズに動かない

、などがあります。


渇根湯が肩凝りに効果があるとされていたのは、傷寒論に記載さえている風邪薬だからです。

精神的ストレスは、その他に体が受けている内臓や不眠などのストレスを取り除くことにより、かなり緩和されます。

東洋医療において肝臓機能は肩の働きと密接な関わりがあるとされています。

肝臓に対する鍼灸などのアプローチは大変に重要です。


また、肩こりでも右と左ではその意味は違ってきます。

左の肩こりは胃腸のはたらきがうまく働いていない場合が多くいです。

また、風邪などによる冷えも左側に出やすいです。

右の肩こりでは肝臓のはたらきと関係している場合が多く、寝不足などが原因でも右側に出やすいです。


左肩こり - 食事の不摂生による胃腸の不調・初期の風邪

右肩こり - 睡眠寝不足・精神的ストレス・肝臓機能低下



「五十肩」では、過度に肩がせり上がり、肩関節が前面に突き出しているものが多いです。

肩が上がり、肩関節が前面に突き出ていると、肩関節が固定されてしまっているような状態なので肩をあげることが難しく、激痛が走ります。

「五十肩」の患者さんは、肩の使い方がわからなくなっている人が多いです。

まずは肩関節の動く範囲を認識して頂き、まずは肩をあげるのではなく下げる練習をして頂いています。

肩が下がれば五十肩は直ったようなものです。肩関節前面を軽く後ろに引いた状態で肩をあげれば痛みは起こりません。

もちろん、肩が下がりやすくなるバランスを鍼灸や整体などの治療によって作ります。



甲子園鍼灸治療センター


西宮市甲子園砂田町6-10
電  話 : 0798-49-3367
受  付 : am9:00~pm8:00
休  診 : 月曜日のみ
※土日祝も診療しています
最寄駅 : 阪神甲子園駅
駐車場 : 有り

大きな地図で見る

症状別のご説明
婦人科症状の治療
生理痛
生理不順
更年期障害
不妊

消化器症状の治療
 ・便秘
 ・下痢
 ・胃の痛みや疲れ

運動器症状の治療
 ・肩こり
 ・腰痛
 ・五十肩と四十肩

皮膚症状の治療
 ・吹出物
 ・アトピー

呼吸器症状の治療
 ・喘息
 ・風邪症状

美容鍼灸について
 ・美肌を維持する
 ・肌つや作り
 ・食欲を抑える

sitemap
インフォメーション
BeneGroup
甲子園鍼灸治療センター

兵庫県西宮市甲子園砂田町6-10
℡ 0798-49-3367
(平日・土日祝 9:00-20:00)

[ご予約・お問合せ]
お電話にてうけたまわっております。
お気軽にお問合せください。


大きな地図で見る
<ベーネグループ>ベーネ南船場治療院 ベーネ御影治療院 たつみ指圧鍼灸院 その他の治療院

Copyright:(C) 甲子園鍼灸治療センター / 西宮市の鍼灸院 2006. All Rights Reserved.