生理痛に効果的な、温灸治療。

-温めるだけの焼かないお灸です-

棒灸生理痛は下半身の冷えが原因でおこることが多く、当センターでは下半身を温かくする治療を中心に施しています。

鍼灸などの伝統医学において、婦人科の症状は、主に「血」と関係が深いとされています。


生理の時、子宮に大量の血液があることが正常な状態なのですが、下半身を冷やすと血液量が少なくなり、筋肉がうまく動かずに「ひきつる」という症状が起こります。

これが生理痛です。


当センターでは、診察のうえ、「冷え」が原因であると診断されれば、「左三陰交」と「左太衝」というツボにはり治療を行います。

また、下半身をさらに温めるために温灸の一種である「棒灸」というたばこのように紙で筒状に巻いたお灸を使い「命門」というツボを温めます。

温灸というのは、焼かずにツボを温めるお灸のことです。


生理痛は生理が始まる前、または生理中に起こります。

治療のタイミングとしては、生理前1週間以内が理想的です。

治療により下半身が温まり、ツボの刺激により血液の流れがスムーズになって、筋肉のひきつりが取れれば、生理痛はその場でやわらぎます。


今の女性は、日常的に体を冷やしています。

「低体温症」もそれを象徴する現代病の一つです。

生理痛に悩まされている方は、下半身を温かく保つと痛みがやわらぐことが多いです。

半身浴などで下半身を温めましょう。

日ごろから厚めの下着を身に着けてください。

また、眠るときにお尻の骨(仙骨)にタオルを当てると下半身を暖かく保つことができます。

そのときのタオルは、暖かい色のものを使用してください。

また、胃腸に負担をかけないように生理前の過食に注意することも大切です。



甲子園鍼灸治療センター


西宮市甲子園砂田町6-10
電  話 : 0798-49-3367
受  付 : am9:00~pm8:00
休  診 : 月曜日のみ
※土日祝も診療しています
最寄駅 : 阪神甲子園駅
駐車場 : 有り

大きな地図で見る

症状別のご説明
婦人科症状の治療
 ・生理痛
 ・生理不順
 ・更年期障害
 ・不妊

消化器症状の治療
 ・便秘
 ・下痢
 ・胃の痛みや疲れ

運動器症状の治療
 ・肩こり
 ・腰痛
 ・五十肩と四十肩

皮膚症状の治療
 ・吹出物
 ・アトピー

呼吸器症状の治療
 ・喘息
 ・風邪症状

美容鍼灸について
 ・美肌を維持する
 ・肌つや作り
 ・食欲を抑える

sitemap
インフォメーション
BeneGroup
甲子園鍼灸治療センター

兵庫県西宮市甲子園砂田町6-10
℡ 0798-49-3367
(平日・土日祝 9:00-20:00)

[ご予約・お問合せ]
お電話にてうけたまわっております。
お気軽にお問合せください。


大きな地図で見る
<ベーネグループ>ベーネ南船場治療院 ベーネ御影治療院 たつみ指圧鍼灸院 その他の治療院

Copyright:(C) 甲子園鍼灸治療センター / 西宮市の鍼灸院 2006. All Rights Reserved.