急な腰痛(ぎっくり腰)

急性の腰痛-ぎっくり腰

ぎっくり腰は、筋肉の損傷によって起こる急性の炎症症状です。

決して、素人はもんだりマッサージなどはしないでください。

当院では、患部を直接的治療するのではなく、中国医療の「経筋」という筋肉は連動連動するという考え方をもとに、痛みの起こっている場所と関連のある筋肉を全体的に弛めることによって患部に対するアプローチとしています。

ぎっくり腰というのは、普段使わない腰の筋肉を急激に使うことによって起こりますが、その他、食事の不摂生や風邪などの他のストレスに体がおかされ、腰の筋肉をうまくコントロールできなくなっている時に筋肉を動かした際に起こります。

ぎっくり腰といえども、それが起こった原因を把握した上で治療を施すことが大切です。

治療は患者の状態によって変わってはきますが、膝裏の「委中」を主な治療穴に使えると大変に効果的です。痛みはその場で軽減します。

また、腰を安定させるために、骨盤をコルセットのようなもので固定することも大切です。

コルセットを巻く際に腰を締め付ける方が多いのですが、腰よりも骨盤を固定したほうが、腰が安定して効果的です。

寝る際は、上や下を向かずに横を向いていただいて、腰を丸め母体内の赤ちゃんのようなポーズをとっていただくと腰への負担がかかりません。