何をすれば良いかよりも、何をしなければ良いも重要。

健康法という考え方があります。

健康法というと健康のために何かを行なうと、まず思いますよね。

鍼灸院にいらっしゃる多くの患者さんたちは、いつも健康のために何をすれば良いかを質問なさいます。

また、こんな健康法があるみたいですけどいかがですか?なんて質問も受けます。

健康のために何かをするということは良いことだと思います。

ですが、忙しい現代。

何かをするよりも、何をやめるかというのも一つの考え方だと思います。

少し前に、『断捨離』というのが流行りましたね。

当院でも『引き算健康法』というコラムを公開したことがありました。

健康を害していることをやめる、というのも大切な健康法だと思います。

忙しく、飽食で、ものに溢れた現代。

のんびりと、粗食で、無駄なものを捨てる。

こういう考え方で健康法を見れば、何をすれば良いか見えてくるのではないでしょうか?

さて、あなたは健康のために何をやめますか?

では、頑張って『やめてみる』という健康法を行なってみてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました