ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になった。どうする?

ぎっくり腰は、筋肉の損傷によって起こる急性の炎症症状のことです。

重たいものを持ったり、腰を無理に動かすなど、大きな負担が腰にかかり、筋肉を損傷し、それにより炎症症状が起こります。

これが急激な痛みが起こる原因です。

多くの人が、直面するぎっくり腰という症状。

どのように対応すればよいのでしょうか?

ぎっくり腰になったら、まずは安静。

ぎっくり腰は、筋肉の損傷と炎症の疾患です。

怪我で熱も持っているということです。

ですから、痛みのある場所を動かさないように、安静にしましょう。

少しでも動かすと、ズキンッと来る痛みが腰から全身に響きます。

また、腰は体の要となる部分です。

体のどの部分を動かしても、腰の筋肉は動いてしまいます。

つまり、少し体を動かすだけで、腰に痛みが走ってしまいます。

ひどいぎっくり腰になると、まったく体を動かせなくなってしまいます。

とにかく、腰に痛みが響くような動きはしないように、安静にしましょう。

腰にマッサージは厳禁です。

そして、決して、マッサージはしないでください。

もちろん、治療家が病状を判断して、治療としてマッサージをするのは大丈夫です。

ですが、素人考えでマッサージをしてしまうと、ぎっくり腰の筋肉損傷が悪化し、さらに炎症がひどくなります。

ぎっくり腰は、安静が基本ですから、患部を動かすようなマッサージも良くないということです。

冷やしたほうが良いです。

ぎっくり腰になったら、「温める」「冷やす」どちらが良いですかとよく聞かれます。

ぎっくり腰は炎症性の疾患ですから、冷やすことをおすすめします。

ですが、冷やすとさらに腰が固まって動きにくくなります。

それを理解して冷やしてください。

冷やすと、筋肉損傷部分が冷えて、炎症もおさまって、そして、腰が固まります。

そして、そのまま、安静にしましょう。

痛み止めの入った湿布も使いましょう。

痛みが軽減しますが、それは痛み止めの麻酔効果です。

ここで、少し痛くなくなったと、動いたりすると、ぎっくり腰が悪化して、更に病状は進行してしまいます。

痛み止めの湿布を使ったときは、特に動かないように注意をしましょう。

どうしても動かないといけない時は、コルセット。

ぎっくり腰になってしまっても、どうしても動かなければならにこともあります。

その際は、腰を固定するコルセットを使いましょう。

ぎっくり腰は、とにかく安静で、腰を動かさないようにすることが大切ですから、コルセットを使って腰を固定してしまいましょう。

コルセットで腰を固定すると同時に、骨盤も固定すると動くときに少し楽です。

そして、腰が痛くても、腰が動かないように少し力を入れて、自分の力でも腰を固定するようにしましょう。

力を抜いてしまうと、腰が揺れて、動いてしまいます。

すると、ぎっくり腰は激痛が走ります。

動くときも、とにかく腰を動かないようにすることが大切です。

横になるときは丸まってください。

横になって安静にするときは、仰向けやうつ伏せはやめたほうが良いです。

寝る際は上や下を向かずに、横を向いてください。

そして、腰を丸めてください。

赤ちゃんが横を向いて寝ているポーズをイメージして、そのスタイルで寝てください。

腰への負担がぐっと減ります。

この時に、腰のコルセットははずしていただいてよいのですが、症状によってはつけておいた方が楽な場合もあります。

治療は、早く受ける方が良いです。

治療を受けるのは、早い方が良いです。

もちろん、症状によりますが、ぎっくり腰は早めの治療が効果的です。

ぎっくり腰は、筋肉の損傷とはいえ、腰の全ての筋肉が傷ついているわけではありません。

ですが、痛みや炎症が広がっているわけです。

治療で傷はすぐに修復されませんが、炎症を軽減し、痛みを抑えることで、筋肉の過緊張もおさまり、少し動きやすくなって、結果、傷の修復が早まります。

治療を受けないのであれば安静がおすすめなのですが、可能であれば早めの治療を心がけましょう。

ぎっくり腰は、とても痛い症状です。

ですが、それによって命を落とすことは、まずありませんので、落ち着いて対処しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました