胃の不調で肩が凝ります。

「胃が動かない。消化しない。食欲が無い。そして、肩が凝る。」

ムシムシする毎日で冷たいジュース、アイスクリーム、ビール、チューハイなどをたくさん口にする。

こんなことをすると、胃は冷えて、胃の肩のツボが固くなって、肩が凝ります。

舌は色が白っぽくなり、脈診では脈が真ん中あたりで緊緊と固くなります。

胃腸が冷えるとこんなふうになります。

おなかを触ってみると、冷たくなっていて、冷たく汗ばみます。

このおなかの冷たい汗は、氷水の入ったコップの結露と同じ。

いくら蒸し暑いからといって、ここまで胃を冷やしてはダメですね。

夏でも腹巻をしなければならなくなります。

急いで、冷たいものを控えましょう。

そして、トリ、生姜、にんにく、ねぎなどを炊いてスープを作り食べましょう。

胃腸が温まります。

この梅雨の時期の冷えには、鍼治療ならば、足三里穴、公孫穴、脾ゆ穴で胃腸を温めます。

すると、胃腸の動きが良くなり、消化できるようになります。

治療後、お腹が温まってきます。

そして、肩こりも改善します。

猛暑日が続くと、冷たいジュース、ビール、アイス、かき氷などを食べたくなります。

冷蔵庫から出して飲んだり食べたり。

おなかに手を当ててみてください。

冷たい汗をかいてませんか?

かいていたら胃腸が冷えています。

胃腸を温めるものを食べるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました