便秘

便秘の鍼灸治療

冷えによる機能低下が増えてます

「便秘」においては、最近は冷えが原因のものも増えてきました。

冷えで腸の働きが悪く、便秘になっている方が多いようです。

また、食生活においても、繊維質摂取の減少も大きな要因です。

治療においては、まずは大腸を動かす指令をツボ刺激によって行います。

これだけで、便が出る人もいますが、それ以外に原因がある場合は、もちろんその原因を除去しなければなりません。

日頃の生活においては、おなかを大腸の流れに沿ってマッサージすることやトイレに行く前に便を出すツボを指で刺激して頂くのは良いと思います。

視覚的に体内物質の流れを促進するといわれるカラーの「グリーン」を活用して、観葉植物や木の写真などをトイレにおいていただくというのも面白い方法です。

消化器系の症状は、その人が生まれつき持っている体質と深く関係しています。

主に消化器系の弱っているところをいじめるような食生活を行っているのが原因です。

まずは体の弱いところを探し、その部分を強めることと平行してそこをいじめている原因を除去していきます。

この記事を書いた人
甲子園鍼灸治療センター

中華伝承医学会グループの治療院です。西宮市甲子園の閑静な住宅街に位置しています。伝統的な鍼灸治療や生活カウンセリングを提供しております。

甲子園鍼灸治療センターをフォローする
甲子園鍼灸治療センターをフォローする
甲子園鍼灸治療センター 西宮の鍼灸院
タイトルとURLをコピーしました