秋は乾燥対策が旬。

giani / Pixabay

秋は、乾燥対策が旬。

旬の食べ物があるように、健康法養生法にも旬があります。

日本には四季があり、季節によって気温や湿度に違いが出ます。

その変化にいかにうまく合わせるかが、健康法のポイントです。

それを旬の健康法といえると思います。

さて、秋の健康法は、やっぱり乾燥対策が重要。

秋は東洋医学では、「燥季」と呼ばれ、空気が乾燥する季節です。

乾燥すれば皮膚も乾燥するのは当然です。

アトピーの乾燥タイプの人は悪化しやすくなります。

また、気温も落ちてきますので、冷え対策も忘れずにおこなわなければなりません。

乾燥対策は、外はクリームやオイルなどを塗ることで対応します。

これは、誰もが思い浮かぶ無いようですね。

ですが、体の中から潤わせるとなると、どうでしょう?

オイルを飲む?ですか・・・。

うーん、それは体に悪そうですねぇ^^;

でも、方向性はあっています。

オイルではなく、ゼラチンやコラーゲンを摂ることをおすすめします。

体表面にいくらオイルを塗っても、その場しのぎになりがち。

中からあふれ出す潤いにはかないません。

ゼラチンやコラーゲンを取り入れるためには、豚のお肉や豚足がおすすめ。

それ以外には、すっぽんです。

なんだか、一般受けしない食材ばかりですが、これらを食べると、体の内側から潤いがあふれてきて、肌がぷるぷるになります。

今では、料理などで使うコラーゲンボールというものも売られているようです。

秋は、潤いを食べることが旬の健康法。

外からだけではなく、中からも秋は潤いましょう。

タイトルとURLをコピーしました