自由過ぎて不健康

選び間違えると不健康になる

今は、自由に選べる時代です。

特に食べ物は、食べたいものを食べられるというとても幸せな環境です。

今日は何を食べようかなぁ、などと考えられるのは、すごいことだと思います。

それも、季節や国を飛び越えて選ぶことができるのですから、とんでもないことです。

これは、ある意味、恐ろしいことでもあるのです。

選ぶことの難しさ

健康になるためには、健康的な生活をしなければなりません。

正しい生活を選び、行なわなければなりません。

では、正しい生活はどう選べばよいのでしょうか?

選び間違えれば、不健康になります。

どうですか?

難しくて、怖いことですよね。

実は選ぶのは簡単

ですが、実は選ぶのは簡単なんです。

選ぶキーワードは、「いま・ここ」です。

「いま」は「今」です。

「ここ」は「この場所」ということです。

つまり、今のものをここで食す、ということです。

でも、今のものというのは、目の前にあるものということではなく「旬」のものということです。

旬のものを暮らしている土地で食す、といこと。

これを心がければ良いのです。

長い歴史で培われた「いま・ここ」

いまそこで暮らしているひとは、その土地の環境で生きていける人だけが残っているわけです。

そこで暮らしている人々は、そこの食べ物を食べて生きてきました。

そして、食べ物はほとんどが旬のものです。

今のように進んだ保存技術はないわけですから、旬のものを食べるしかありません。

そのようにして、人類は生きてきたわけです。

ですから、人は、まず旬を食すことが普通なのです。

そして、その旬をどのように食すと良いか、という技術も培われました。

つまり、調理法ということです。

これも土地や国によって違いますね。

その土地の調理法で、その土地の人々は生きてきたわけです。

ですから、人にはその生まれ育った土地の調理法が合うわけです。

例えば、カレーなどのスパイシーな食べ物は、暑い国の人が辛い物を食べて瞬間で汗をかいて暑気を吹き飛ばすために効果的なわけです。

その土地の旬をその土地の調理で

健康的な生活の選び方は、人が生きてきた歴史にあります。

その土地で健康に生きていくためには、その土地の旬をその土地の料理法で調理したものを食べるということです。

簡単ですよね。

もし、季節感も無く、その土地の調理法でないなら、健康的でない可能性があります。

真冬にカレーを食べ過ぎて暑気払いなどしてしまったら、風邪をひくかもしれません。

真夏に冬の料理ばかり食べていたら、油が多くてお腹に重たくて体に熱がこもって、胃もたれや熱中症になるかもしれません。

ということで、簡単なおすすめの健康法は「いま・ここ」です。

今の旬の食材を、その土地の季節に合った調理で食すということです。

当たり前のことですが、食べ物が豊富で、自由に食べたいものを選べるようになった今、再度見直すべきだと思います。

タイトルとURLをコピーしました