梅雨冷えに半身浴

今年は、早い梅雨入り。

患者さまは皆さん梅雨の冷えに悩みはじめています。

梅雨冷え

 

梅雨には、体のあちこちの関節痛が再発します。

それは、梅雨の湿気も原因です。

そして、この湿気は体を冷やします。

 

梅雨は、むしむしと蒸せた感じがします。

ですが、この体にまとわり付く湿気は、結果的に体を冷やしてしまいます。

そして、街中では、もう、クーラーが稼動しています。

体にまとわり付いた湿気が、一気にクーラーで冷やされます。

想像しただけで、ぞくっと寒気が走ります。

 

そして、ただでさえ血行が悪い症状を持つ関節部分は冷えていきます。

さらに血行が悪くなり、筋は堅くなり、関節はぎしぎしと悲鳴を上げ始めます。

そして、関節の痛みが悪化します。

 

梅雨冷に、半身浴

 

梅雨の冷え対策を行ないましょう。

 

おすすめは、やっぱり半身浴。

一日の冷えを一旦半身浴でリセットして、夜の涼しさに備えましょう。

 

梅雨のじめじめしと蒸した暑さの中で半身浴は、ちょっとつらいかもしれません。

であれば、腰湯にしていただいても大丈夫です。

 

半身湯や腰湯で、温まって、汗をたくさん出すと、梅雨の重いだるさが抜けて、すっきりします。

関節の痛みも軽減します。

 

梅雨というのは、けっこう冷える時期なんです。

体を温める時間を作って、体から冷たい湿気を追い出しましょう。

タイトルとURLをコピーしました