生理痛を半身浴で治そう

生理痛はつらいですね。

月に1回訪れるこの苦痛で、出社できなくなる方もいます。

ひどい場合は、うつ症状を呈する人もいます。

menstruation

生理痛に冷えは大敵

「生理」、つまり「月経」は、女性だけのものです。

生理前と生理の一週間がつらいと思っている女性も多いのではないでしょうか。

生理前から起こる主な症状が、生理痛です。

皆さん、生理痛対策を行なっていますか?

鎮痛剤を飲んでいる人もいると思います。

また、ただ我慢という人もいるでしょう。

生理痛を緩和する方法は・・・

現在、生理痛を緩和する方法は、主に痛み止めを飲むことです。

また、ピルを飲んで生理をコントロールする方法もありますね。

どちらも対処療法で、原因を治療しているわけではないので、ずっと続けなければなりません。

生理痛が始まった年齢にもよりますが、生理は主に49歳まで続きます。

それまでの間、薬を飲み続けるというのは、体にとって大きな負担です。

できれば薬を飲まず対処したいものですね。

good_menstruation

生理痛に冷えは良くない

生理痛に冷えはよくありません。

生理痛前はからだを冷やさないようにしましょう。

とくに腰を冷やさないようにしてください。

また、冷たいものも飲まないようにしましょう。

腹巻はおすすめですね。

今は腹巻も分厚いものや薄いものが販売されています。

季節に関わらず、腹巻を持っておくと良いでしょう。

おすすめの下半身浴

生理痛には、下半身を温めることがおすすめです。

お風呂にしっかりとつかると良いでしょう。

だからといって、お風呂に肩までずっとつかっているのも辛い人も多いと思います。

普段から体を冷やしがちの人は、どちらかと言うと、体を温めるのが嫌な人が多いようです。

ですから、体を冷やしている人に温めてくださいと言っても結構難しいようです。

このような人は、下半身が冷えていて、のぼせやすく、そののぼせがで頭がくらくらしてしまうので、温めるのが嫌だということが多いです。

ですから、上半身を温めずに、下半身だけを温める半身浴がおすすめなのです。

bathroom

半身浴の方法

お風呂に入るときに、頭から足の先まで体を洗っている入る人がいます。

このように体全部を濡らしてから半身浴をすると、お湯から出ている部分が濡れているので、とても体が冷えてしまいます。

半身浴が続けられないという方は、このように全身を濡らしてから半身浴を行っている人が多いです。

このようなやり方は、寒くてとても続けられるものではありません。

半身浴を行なっている時は、お湯から出ている部分は乾いていることが大切です。

こうすることで、上半身は濡れて冷えず、下半身だけが温めることができます。

そして、下半身が温まってきて、それに伴い上半身も温まり、軽く汗をかいてきたら、そこで肩までつかり、少しだけ上半身を温めます。

それから、浴槽に出て頭や全身を洗い、もう一度一旦浴槽に肩までつかって、体を洗うことによって冷やしてしまった体を温めなおしましょう。

こうすることで下半身を中心に体を温めることができます。

これであれば、肩までつかって、のぼせて頭がぼーっとするのが嫌だという方も入浴をゆっくりと行うことができます。

冷たいものはとらないようにしましょう。

半身浴を行なうと体がとても温まります。

熱いぐらいに温まるので、お風呂から出るとどうしても冷たいものが欲しくなってしまいます。

水を飲むぐらいであればいいですが、決してアイスクリームなどを食べて体内を冷やさないようにしましょう。

水もできれば常温がおすすめです。

もちろん、入浴後のみならず、普段から冷たいものを取らないようにすることが大切です。

下半身を暖かくして生理痛体質を治しましょう。

after bath

タイトルとURLをコピーしました