四十肩・五十肩と体質。

四十肩・五十肩には、体質がかかわっています。

皆さん五十肩に悩んでおられますよね。

それも右で行ったり左であったり。

皆さんはどちらがおつらいですか?

五十肩って、利き腕になるとは限りません。

必ずしも使いすぎが原因ではないからです。

右利きなのに左肩に五十肩、または、左利きなのに右側に五十肩が現れたりします。

この違いって何なんでしょうか?

東洋医学ではその違いにひとつの理論があります。

四十肩・五十肩の原因は右と左で違う

これは五十肩に限らず、肩や首の症状全般に言えることです。

そう考えると、五十肩のもとに首や肩のこりがあり、その首や肩の凝りの原因に体質があるということです。

ですから、今、こりで悩んでいる方に、後々、五十肩の症状が現れる可能性があります。

人の体は、右と左では働きが違う、と東洋医学では言われています。

東洋医学では、左側は水のコントロールをして、右側は血のコントロールをするとされています。

左側は主に水の吸い上げを行って、右側は栄養を血液の中に吸収するという機能があるということです。

ですから、左半身は水をコントロールするために、暖かく保たなければなりません。

左半身は、その熱を使って水を上に引き上げているということです。

つまり、左半身の症状は、主に冷えによる症状で、その結果水を吸い上げて体内で使うということができずにむくみなど出て、さらに冷えてしまうということです。

この冷えによって様々な症状が左半身におこります。

また、右側は体に吸収されるエネルギーをコントロールするため、このエネルギーの熱量を押さえ込まなければならないので、少し冷やす機能を備えています。

ですから、右半身は熱を帯びやすく、エネルギーによるものですから、それを少し抑えるために冷やしておいて、コントロールしようとしているということです。

右半身に症状がでるのは、このエネルギーによって右半身が熱をおび、その熱を抑え込むことができないことによっておきます。

つまり熱による症状が多いということになります。

この事を考えると、五十肩も左側は水分のコントロールができなくなるむくみによる冷えということになり、右側は吸収したエネルギーの熱量を抑え込むことができないことによって症状が起こるということになります。

皆さんの五十肩はどちらに出ていますか?

それは体質と一致していますか?

左の五十肩の症状を持っている人は、冷え性の人が多いです。

右の五十肩の症状を持っている人は、赤ら顔であったり、熱がりあったり、吹き出物が出ていたりで熱の症状を併発していることが多いです。

このように体質を考えて症状を見ると、対処法が決まってきます。

左の五十肩は温めると症状が緩和し、右の五十肩は油ものやアルコールなどを控えて熱量を体にためないようにするといいでしょう。

ストレッチどは体の中の熱を取り除いてくれるので右の五十肩には有効ですが、冷えによる左の五十肩は急にストレッチをすると冷えてこわばっている筋肉が傷つくことがあるので温めてから運動を行なうことが大切です。

四十肩・五十肩体質の治療

鍼灸の治療では、

右の五十肩の場合は体質を考慮して、右の『行間穴』などを取ります。

左の五十肩の場合は水分代謝を高め、体を温める効果のある『公孫穴』などを使います。

体質の治療をしたうえで、症状を緩和する曲池穴などのツボをとることになります。

体質に働きかけることによって、治療の効果は高まります。

もう一度うかがいます。

皆さんの五十肩は左右どちらですか?

体質に合った健康法を行ない、それから運動を行なうと効果が高まりますので、ぜひ行なってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました