食べる量変えずダイエット

食べ物が豊富な現代。

ダイエットは難題です。

でも、おいしいものも多いし・・・。

痩せたい、でも、食べたい。

 

太りたくないですよね。

というよりも、いっそのこと痩せたいです。

誰もが考えていることですね。

 

痩せるにはどうすれば良いのか?

 

そんなことは、誰もがご存知です。

食べなければ良いんです。

もしくは、取ったカロリーを消費する運動をすれば良いんです。

 

簡単ですよね。

 

でも、その簡単なことが、できないんですよね。

 

食べる量は変えずに、○○○○を変えましょう

 

美味しいものは、目の前にたくさん、たくさんあります。

それを無視しては通れません。

ついつい食べてしまいます。

 

でも、太りたくはないですよね。

 

食べても、太らない方法があるんですよ。

それも、食べる量は今までと変わらず、痩せる方法あるんです。

知りたいですか?

とても簡単ですよ。

 

その方法は・・・、

食べる量は変えずに、食べる時間を変えるんです。

朝昼たっぷり、夕は少なく

 

最近は、朝食を食べない人が多いです。

その分、夜にたっぷり食べる傾向。

しかも、夜遅くに食べています。

 

この夜遅くにたっぷり食べた分は、使われることなく、体に蓄積されます。

そして・・・、太ります。

 

食べた分は、その日のうちに消費すべきなんです。

 

太るというのは、食べて消費されなかった分が脂肪に変わって、体に蓄積されるということです。

脂肪にならなければ良いんです。

 

また、食べて吸収されてから寝るまでの時間が長ければ、消費される量は増えます。

そうすれば、脂肪になる量は減るわけです。

 

つまり、食べる量は変えなくていいんです。

朝と昼にたっぷりと食べて、夕食(6時ごろ)は少なめにすれば良いのです。

それ以降は、固形物と高カロリーのものは食べてはいけません。

水は飲んでも良いですよ。

 

でも、それじゃ夜おなかが空くよ、とおっしゃるでしょう。

 

ですが、1日の食べる量は変わっていないんですよ。

それに、そのままで寝ることで、朝食を美味しくたっぷり食べられるんです。

朝の空腹感は、健康の証でもあるんです。

 

ただ、朝昼夕の食事量を変えて、夕食で食事を終える、ということだけで、痩せます。

ぜひ、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました