鍼灸を受ける

鍼灸治療を受ける

鍼灸には、本当にたくさんの効能があります。

そんな鍼灸治療をどこで受ければ良いのでしょうか?

 

東洋医学は、西洋医学のように治療を受けられる場所が科目分けされているわけではありません。

その理由は、鍼灸の特徴が『未病』というまだ病にまで至っていない体のアンバランスを治療することに長けていることが理由です。

ですから、病ごとに科目分けできないのです。

 

それでも、今ではわかりやすく症状ごとに分かれ始めています。

たとえば、『不妊鍼灸専門』だとか、『アトピーが得意』など、特殊性を打ち出しているところが見られ始めています。

それでも、体の全体的なバランスを整えるという鍼灸治療の根幹は同じだと思うのです。

どこで鍼灸を受けることができるのか

 

鍼灸治療は、一般に『鍼灸院』とよばれるところで受けることができます。

また、鍼灸接骨院でも受けることができます。

鍼灸接骨院とは、鍼灸師と柔道整復師の資格を有するものが働いている治療院ということです。

 

鍼灸治療を行うことができるのは、はり師きゅう師という厚生労働省の国家資格を有する者しか行なえません。

無資格で鍼灸治療を行なう人はいないとは思うのですが、気になるようでしたら確認するのもよいかもしれません。

また、医師も同じ施術を行うことができます。

 

その他に、最近では美容鍼灸も認知され、エステサロンでも鍼灸を受けられるようになっています。

エステサロンとはいっても、実際は鍼灸院であることが多いと思います。

 

また、鍼灸師は往診で治療を行なうことも許されていますので、出張専門の鍼灸師もいます。

在宅介護などを受けていて、動くことのできない患者さまへの往診が最近はかなり広がっているようです。

 

そして、西洋医学の医院で鍼灸治療を提供していることもあります。

 

このように鍼灸を受けられる場所はたくさんあります。

それぞれ治療コンセプトに違いもあるようで、ご自信の状況や症状にあわせた場所を選ぶことが大切です。

鍼灸治療の細分化

 

鍼灸治療を受ける場所が多様化するに従い、鍼灸の治療コンセプトも多様化しているように思います。

腰痛や肩こりといった疲労性の運動器疾患のみではなく、日本でもさまざまな症状の治療に鍼灸が活用されるようになりました。

 

鍼灸接骨院は、主に運動器系の治療を得意とする傾向が強いので、鍼灸も局所的な処置が多いようです。

痛みの場所に施術することで症状を緩和し、回復を促進するというスタイルです。

 

不妊やアトピーなどを治療する専門化した鍼灸院では、全身調整を主に行なうため、局所的アプローチよりもツボを使った鍼灸治療になります。

不妊治療だからといって、子宮や卵巣に鍼を刺すわけにもいきませんので。

 

そして、エステサロン風の美容鍼灸を提供するところでは、症状の場所が見えるところなので、局所的な施術が主なものになります。

頬のたるみやほうれい線、肌のシミなど、症状がある場所に鍼灸治療が施されます。

 

西洋医学の医院で行なわれれている鍼灸治療も、西洋医学で解釈できる範疇に留まるようで、ツボ治療というよりは、局所治療が多いようです。

 

このように、鍼灸治療を受ける場所によって、治療内容に違いが出ているようです。

鍼灸による治療と予防

 

鍼灸の効果には、二つあると思います。

 

・今ある症状を治療すること

・『未病』を治し、病を予防すること

 

東洋医学の特徴は、二つ目の『未病』を治すことにあります。

これを行なっておけば、再発を繰り返すさまざまな症状を予防できることになります。

 

鍼灸を受ける際、まず考えるのは、今ある症状を治療したいということでしょう。

そして、治れば、患者さまはもう病のことは忘れてしまいます。

ですが、その症状がやたらと再発するようでは、いかに予防をするかを考えなければなりません。

それに役立つのが『未病』を治すという考え方です。

 

『未病』を治すとは、病が発症する体のアンバランスを治療するということです。

これは、もう科目分けできるような治療ではなく、全身のことを考えて治療を行なわなければなりません。

もし、『未病』を治したいというのであれば、症状にこだわるのではなく、ツボで全身を整える鍼灸院を見つけるべきです。

 

鍼灸には、たくさんの効能と施術方法があります。

患者さまがご自分の症状にあった治療場所と治療方法を見つけていただいて、ぜひ鍼灸をうまくご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました