妊娠は高温期に起こる

西宮 甲子園鍼灸治療センター

妊娠は高温期に起こる

 

当たり前のことですが、妊娠というのは高温期に起こります。

ですから、女性の体内で受精から着床を起こすために、高温期を安定させることはとても大切なことです。

 

また、妊娠期は高温期であるといってもよいと思います。

まだ正確な期間は明らかにされていませんが、妊娠すると高温期が約5ヶ月間続くといわれています。

つまり、だいたい安定期までが高温期ということですね。

ですから、妊娠というものに高温期はとても重要、ということになります。

 

もちろん、妊娠には排卵される卵の質も関わることです。

高温期だけ気をつけて生活するれば妊娠できるというものではありません。

正しく良い排卵が行なわれるためには、低温期が重要です。

 

それでも、受精卵がお腹に入っているときは、高温期を維持するように腰や下腹部など下半身を温かく保つことをおすすめします。

 

妊娠初期に母体が高温期であるということは、きっとお腹の赤ちゃんを温めることと関係があるのかもしれません。

であれば、基礎体温表で高温期に問題がある人は、受精からの着床期が良い状態ではないと考えられます。

もちろん、こんなに単純ではありませんが。

 

鍼灸治療では、基礎体温表と伝統医療の診察、脈診や舌診を合わせて使い、母体の正しいリズムを作っていきます。

高温期が安定しない人は、温まりやすい体を作る治療を行い、受精卵が着床し育ちやすい環境をつくるということになります。

タイトルとURLをコピーしました