プロ用講義 鍼灸の八法③「下法」

鍼灸の八法③ 下法とは

プロ用の伝統鍼灸講義です。

鍼灸八法の3回目。

では、八法のうち、続いては「下法」です。

中華伝承医学会講義を公開用のスライドにしました。

体内の不要なものを便で出す「下法」

「下法」は体内の不要なものを排便で出させる治療法です。

排便の配穴は様々にあります。

それらは、病状によって使い分けます。

排便をさせることが目的ではなく、排便によって治療するというところがポイントです。

傷寒論でも排便で外感病を治すというのがありましたね。

また、便通が正常であるということは、東洋医学での治療指針として大切なことです。

問診で便秘について問題がある際に、それを解決することが主訴の治療に役立つことが多々あります。

下法を治療に加えてみてください。

過食の今の時代、患者様たちはお腹の中に不要なものを溜め込んでいます。

ぜひ、ご活用ください。

鍼灸の八法とは

八法というのは、八つの効果を出すための方法です。

漢方薬の理論にも当てはまるものです。

鍼灸で使う方法をご説明しています。

八法は、

  • 汗法
  • 吐法
  • 下法
  • 和法
  • 温法
  • 清法
  • 消法
  • 補法

の八つです。

タイトルとURLをコピーしました